evergreen works online store STANDARD SUPPLY ARTS & CRAFTS evergreen works WEAR_ロゴ
徹底比較/SIMPLICITY vs MIL CLOTH「お好みのデイパックは?」
2022.11.02 STANDARD SUPPLY

徹底比較/SIMPLICITY vs MIL CLOTH「お好みのデイパックは?」

→SIMPLICITYシリーズ一覧はこちら←

→MIL CLOTHシリーズ一覧はこちら←

 

スタンダードサプライの中でも素材やサイズのバリエーションが豊富にあるデイパック。

定番の64クロス(ロクヨンクロス)他、ナイロンやポリエステル素材を使用したデイパックも数多くあり、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

見た目は同じように見えても、シリーズによって内装の仕様やディテールも様々。

 

また、オンラインストア上で画像や文章で違いを載せてはいますが、見比べたり、ページを行き来するのが手間。できれば一括で比較したい。

そんな声もありデイパックに絞って、素材や仕様を比較してご紹介したいと思います。

 

とはいえ、全てのシリーズを比較するのは、、、

 

今回はデイパックの中でもスタンダードサプライ定番の【SIMPLICITYシリーズ】と人気シリーズの仲間入りをした【MIL CLOTHシリーズ】を比較。

 

『素材の違い』『仕様の違い』『カラー展開』『価格の違い』などをポイントに比較・紹介していきたいと思います。

 

 

素材について

SIMPLICITY

スタンダードサプライの定番、ジャパンメイドの『64クロス(ロクヨンクロス)』を使用。

コットンとナイロンの混紡素材は、程よく光沢感があり、コットンの柔らかさとナイロンのハリ感を兼ね備えています。

機能面では、撥水性や透湿性、強度もある素材です。

 

MIL CLOTH

ポリエステルとナイロンの混紡素材『ミルクロス』を使用。

スエードタッチでしなやかな質感は、高級感があり上品な印象を与えてくれます。

見た目の良さだけでなく、撥水性・透湿性・防風性にも優れた機能素材。

イタリア軍・正式装備の素材として採用された実績があり、この素材のスペックが高いことが分かります。

 


仕様について

SIMPLICITY

ハンドルはナイロンテープにレザー巻いています。

レザーは手のひらサイズにしているので、握りやすく、手の負担も軽減してくれます。

 

MIL CLOTH

ハンドルはレザーの分量を多くしてしています。

さらにブランドネームもレザーにしているので、全体の統一感と上品さを演出しています。

 

共にハンドルのレザーは手に馴染みやすいグローブレザーを採用しています。

 

SIMPLICITY

丸みのある引き手は【SIMPLICITYシリーズ】全て共通です。

 

MIL CLOTH

ファスナーの引き手にはオリジナルのロゴを入れた特別仕様に。

また、ファスナーかぶせの両端をカットして、ファスナーの開閉をスムーズにするのとデザインのポイントに。

 

共にYKKの最高級ライン『EXCELLA』を使用しています。

 

SIMPLICITY

フロントポケットには仕切りポケットとキーフックをつけています。

鍵をつけて仕切りポケットに収納すれば、他のものと干渉しません。

 

MIL CLOTH

長めのストラップにキーフックをつけています。

鍵をつけたまま使用することも可能です。

 

SIMPLICITY

メインスペースには背面のスリットポケットをつけています。

背面以外に仕切りがないので、ポーチなどで荷物を仕分けて使うのがおすすめです。

 

MIL CLOTH

背面のスリットポケットのほか両側にボトルポケットをつけています。

ペットボトルや折り畳み傘など仕分けられます。

底部分にクッション材をつけることで形も崩れにくく、ノートPCなどを持ち歩く時にも安心です。

 


 

本体生地についてはどちらも撥水性や透湿性に優れた素材です。

64クロスはコットンの柔らかさ、使い込むほどにクタっとした表情が特徴。

ミルクロスはスエードのようなしなやかな質感で、ハリ感もあり使い込んでも形は崩れにくい。

どちらも魅力ある素材なので甲乙付けがたいのが正直なところ。

 

機能面についてはやはり【MIL CLOTHシリーズ】に軍配が上がります。

【SIMPLICITYシリーズ】のデイパックはブランド立ち上げ当初から展開しており、アップデートを繰り返しながら現在の形になっております。

見えない部分までこだわり抜いたデイパックですが、【MIL CLOTHシリーズ】はそのデイパックをさらに機能的にアップデートしているので当然の結果ではないでしょうか。

 


 

左:SIMPLICITY / NEW TINY DAYPACK ¥16,500 tax in

右:MIL CLOTH / NEW TINY DAYPACK ¥26,400 tax in

 

左:SIMPLICITY / DAILY DAYPACK ¥17,600 tax in

右:MIL CLOTH / DAILY DAYPACK ¥27,500 tax in

 

『NEW TINY DAYPACK』と『DAILY DAYPACK』の簡単な比較表を作成しました。

 

バッグを選ぶ際にサイズや容量はもちろん重要。

ですが、バッグ自体の重さも気にされている方は多いのではないでしょうか。

軽さでいえば圧倒的に【SIMPLICITYシリーズ】。

それぞれのサイズで約150g程度(お米1合程度)軽いことが分かります。

店舗にご来店されたお客様も、実際に背負ってみると「すごい軽いですね!」というお声も多くいただきます。

 

また、カラーバリエーションも豊富にあるのが【SIMPLICITYシリーズ】。

落ち着いたカラーから元気なカラーまで用意しているので、必ず好きなカラーが見つかるのではないでしょうか。

【MIL CLOTHシリーズ】は3色のみ。落ち着いたトーンなので、洋服のコーディネートに合わせやすいカラー展開です。

 

そして価格も1万円程度の差があります。

MIL CLOTHシリーズ】の方が機能的ではありますが、それと比例して各パーツを多く使用することもあり重さや価格もプラスになってしまいます。

 


【SIMPLICITYシリーズ】【MIL CLOTHシリーズ】を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

天然素材のコットンの風合いと軽さ、カラーでコーディネートを楽しみたい方には【SIMPLICITYシリーズ】をおすすめします。

また、メインスペースの収納は少ない分、ポーチ類で仕分けて持ち運ぶ方にもマッチするのではないでしょうか。

 

そして2万円を超えない価格帯も魅力のひとつ。シンプルですが、見えないところまでこだわり抜いたデイパックなので使い勝手も◎

「スタンダードサプライのデイパックを持っていないから、まずは使ってみたい」という方にもおすすめです。


SIMPLICITY / NEW TINY DAYPACK ¥16,500 tax in

 


SIMPLICITY / DAILY DAYPACK ¥17,600 tax in

 

【MIL CLOTHシリーズ】は高級感があり上品、かつ機能的なシリーズのため、普通のデイパックでは物足りない方、高級志向の方におすすめします。

ポリエステルとナイロンの混紡素材ですが、しなやかでスエードタッチの質感が特徴です。レザーのような存在感がありながらも気軽に使えるのも魅力のひとつ。

 

デイパックは特に同じようなデザインや素材が多く人と被りがちですが、この素材のデイパックは中々ないので人と被りたくない方にも◎

すでにスタンダードサプライのデイパックを持っていて、「さらに使い勝手の良いデイパックを使ってみたい」という方にもおすすめです。


MIL CLOTH / NEW TINY DAYPACK ¥26,400 tax in

 


MIL CLOTH / DAILY DAYPACK ¥27,500 tax in

 

→SIMPLICITYシリーズ一覧はこちら←

→MIL CLOTHシリーズ一覧はこちら←